家で予習や復習をする事が大事

先生に聞きたい部分を考えておく

一般的な塾ではテキストなどの教材が用意され、それを元に授業が進められます。もちろん予習や復習をすれば学習効果が高くなるので行った方が良いでしょうが、新しい内容を予習するのは難しい時もあるので予習はせずに復習をしっかりしておけば良い時もあるでしょう。では個別指導塾を有効的に使うときには予習や復習はどうするかですが、どちらもしっかりしておくほうが良いと言えます。個別指導塾では自分で勉強して分からない部分に対して先生に質問ができます。授業中に分からない部分が出てくれば良いですが、出てこなければ質問するチャンスがなく先生をうまく使えません。予習をしておけば分からない部分を事前に見つけられるので、どんどん質問できるでしょう。

自己学習のペースメーカーとして使う

優秀な学校に進学する人すべてが塾などの教育サービスを利用しているわけではなく、人によっては学校の授業と自己学習のみで学力をつける人もいます。ただ優秀な学校に進学するには一定の学力が必要で、自分一人で頑張っても難しい時があるでしょう。教育サービスは勉強のペースメーカーとなってくれるので、優秀な学校への進学をサポートしてくれます。個別指導塾も塾や家庭教師同様に勉強のペースメーカーとして使うのに最適で、一週間のうち数時間通い続ければ学力はアップします。注意したいのは通っているだけで学力がアップするわけではなく、自宅で予習や復習をしなければあまり意味がありません。どうしても家で勉強できないときは自習室で自己学習をするなど工夫をすると良いでしょう。